『和也のささやかなる野望』  
by薫




ある晴れた、とある人達には記念すべき日。
「みる様ぁ、わい命をかけた頼みがあるんですけど」
そう言って、和也はみるにいきなり声をかけた。
何か思いつめた彼の表情が、みるを不安にさせる。
「どうしたんですか?何か困ったことでも?わたしに遠慮せずに言ってください」
みるも真剣な表情で和也に答える。
いつも命をかけて自分を守ってくれている和也の頼みである。
みるに拒否という答えなどあるはずがなかった。
「実は…」
「実は?」
しかし、和也は次の言葉を発しようとしない。
ドギドキしながら、和也の次の言葉を待つ
「実は…」
「…(ごきゅ)実は?」
つい、生唾を飲んでしまう。
それでも和也は、一向に次の言葉を発しようとしない。
しかし、次の瞬間、みるの目の前に驚くものが現れる。
ズサっ
「これを着て欲しいんですねん」
ドンっ
「な、何、こ、これ…」
みるは、大きくのけぞり、後ろの壁まで勢いよく後ずさる。
「ネコ耳ならぬトラ耳!!プラス尻尾ですねん」
和也は、意気揚々と解説を加える。
その迫力は、みるの気をも飲み込みかねない勢いである。
普段の和也からは、想像もつかないその気迫にみるも驚きを隠せない。
「待て、和也。貴様、みる様にそんなもの着せるつもりか?」
その和也の気勢を削ぐように、別の気が二人の間に割って入る。
その気を発したのは、他ならぬ楓だった。
みるの危機を察した楓が、あわてて二人の間に割って入る。
「うぐぅ…。いくら楓さんが止めても、わい、今日は引けんのや。苦節18年…、待ちに待った時が来たんやぁ…。誰も今のわいを止めることは出来へん。この想い!!命をかけてもおしいないんやぁ〜」
「なっ、か、和也にこれほどの気が…」
一瞬はひるんだ和也だったが、これぞ阪神ファンの底力とでもいうように、楓の気までも凌ぐ。
その和也の気迫の前に、楓も何も言えず押し黙る。
「みる様…、お願いや、これ着てくれませんか?」
コクコク…
「ほんまですか?ほんまに着てくれますか?」
コクコク…
「よっしゃぁ」
みるは、和也の言うままにただ頷くしかなかった。
しかし、そのまま黙っている楓でもなかった。
渾身の力を振り絞り、何とか抗議の声をあげる。
「まっ、待て、和也。みる様に着せるくらいなら私が着る」
「楓さん!!」
「……」
その言葉に誰もが驚いた。
しかし、同時に別のことも考えた。
((楓さんが着たとこもみたいかも…))
和也のみならずみるさえも、普段の楓からは想像もつかない、この衣装を着たかわいらしい姿の楓を見たいと思った。
しかし、そこはそれ。
和也は、その欲望を悟られることなく、仕方ないという風に楓に答える。
「しかたい、ほんなら楓さんでもがまんするわ」
「楓さん、無理しないで」
みるも心底心配しているという風に答える。
「おかまいなく。無理などしておりません。みる様にこのようなものを着せることに比べたら、このぐらい平気です。」
バっ
「貸せっ」
楓は、和也の手からそのコスプレ衣装を奪い取ると自室に引きこもった。
彼女が、勢いよく部屋を出ていくのを確認すると、和也はゆっくりとみるに振り返った。
「みる様」
「何?和也くん」
「楓さんにばっかじゃかわいそうなんで、みる様はこっち着ませんか?」
そう言って、もうひとつの服を差し出す。
「あっ、そうですね。じゃあ、すぐ着替えて着ます」
タタタっ
みるもさすがに良心が咎めたのか、その服を受けとると自室に戻る。
………
……

しばらくして…
「か、和也、着替えて来たぞ」
少し照れながら、トラ耳と尻尾をつけた楓が姿をあらわす。
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。な、なんて素晴らしいんだぁ〜」
それを見た瞬間、和也が吼えた。
その声に、楓の顔が真っ赤になる。
「も、もういいだろ」
「駄目や。みる様に見てもらわんと」
「うっ…」
キョロキョロ…
仕方ない、という風に楓は部屋を見回した。
だが、肝心のみるの姿が見当たらない。
不安になり、楓は和也に問いただす。
「和也、その肝心のみる様がいないようだが。」
「あっ、大丈夫や。すぐにもどるって」
とその時
「わぁ〜、楓さん、かわいいぃ〜」
ドキっ
その声は、楓の後方から聞こえてきた。
驚いた楓は、あわててその声の方へ振り向いた。
「み、みる様。いきなり後ろから声を…かけな…い…で」
「?」
みるの姿を見た楓の声が、急に途切れる。
そして、楓の怒りのオーラーが急速に増していくのがわかる。
びくっ
その気に、さすがの和也も一歩後ずさる。
「か、和也ぁ」
「あっ、でも…」
突然、そんな楓の気を削ぐように、みるが言葉を発した。
「な、何ですか?みる様」
天の助けとでも言うように、そのみるの言葉に和也が答える。
楓の視線もみるに自然と向けられる。
「和也くんって何歳だっけ?」
「……」
ぎくっ
和也の身体が、わずかに揺れた。
まさに突っ込まれたくない言葉だったようだ。
「だって、さっき和也くん、苦節18年とか言ってたけど。よく考えたら、18年前に和也くんって生まれてたのかなぁ〜と思って…」
みるは、能天気に自分が思った疑問を口にする。
しかし、それに反して
「か・ず・やぁ〜」
地獄の底から沸き起こるような楓の声が部屋に響き渡る。
黄泉の裔も真っ青な声である。
その声に命の危機を感じた和也が、脱兎のごとく部屋から飛び出した。
「待てぇ〜、和也ぁ〜」
それを逃すまいと楓も飛び出す。
とうのみるは、にこにこしてそれを見ているだけだ。
そして、まさに命をかけた頼みなんだなぁ〜と一人納得している。
「あっ、そだ。記念写真を撮らなくちゃ」
そういうと、あわてて近くにいた者を捕まえてカメラを持ってきてもらう。
「じゃあ、お願いします」
ぴぃーすっ

パシャ



(後で樹生くんにも焼きまわししてあげなくちゃ)
やっぱり天然なみるだった。

後日…