『あのシーンで突込みが入ったら・・・』  
by薫




「あぁっと、自己紹介しなくちゃですねぇ〜」
「え〜っとぉ、アタシのことは因幡って呼んじゃってください〜」
「因幡やて?なんやヒヨコみたいな頭しとるな」
「ヒヨコって・・・超失礼〜〜〜っ!!ちょっとオッサン、だまってなよぉ〜」
「だれがおっさんや!!」
「『ヒヨコ』だろうと『おっさん』だろうとどうでもいい。黄泉裔ならば・・・斬る」
「ちょっ、待ってや楓姉さん」
「?」
「どうでもよかない」
「そうよ、そうよ」
「おっさんというのは取り消してもらわな。というわけで取り消せ」
「そっちこそ、ヒヨコっていうのを取り消しなよぉ〜」
「・・・・・」

「き、樹生…くん」
「あっ、あぁ」
みると樹生は、三人を置いてそっと立ち去った。
楓はというと斬るタイミングを逸し、刀を構えたまま二人の言い合いをただ眺めているしかなかった。

その影で…
因幡ぁ〜、何をやってるんだぁ〜
あぁ〜、日神子がぁ〜
き、樹生様がぁ〜
で、出られない…
と、これまた出るタイミングを逸した那智の姿があった。

おわり…